翻訳と辞書
Words near each other
・ 墾利
・ 墾利県
・ 墾田
・ 墾田地系荘園
・ 墾田永世私有法
・ 墾田永世私財法
・ 墾田永年私財の法
・ 墾田永年私財法
・ 墿
・ 壀

・ 壁 (小説)
・ 壁 (氷と炎の歌)
・ 壁がん
・ 壁ぎわ税務官
・ 壁に寄り掛かる
・ 壁に掛かる
・ 壁に耳あり
・ 壁の中に誰かがいる
・ 壁の決断


Dictionary Lists
翻訳と辞書 辞書検索 [ 開発暫定版 ]
スポンサード リンク

壁 : ミニ英和和英辞書
壁[かべ]
【名詞】 1. wall 
壁 : ウィキペディア日本語版
壁[かべ]

(かべ、wall)とは、家の四方を囲うもの、または室と室の隔てとなるもの〔広辞苑【壁】〕。建物の仕切りとなる平板状の部分〔ブリタニカ百科事典【壁】〕。

== 概説 ==
室内と外界との境にある壁を外壁(がいへき)と言う〔。建物の中の各室あるいは部屋と廊下などの間を仕切る壁は内壁(ないへき)や間仕切り壁(まじきりかべ)と呼ばれている〔。

二つの地域を隔てて、人間を移動できなくして閉じ込めたり、隔離したりする目的の壁、人権を侵害する壁もある。(イスラエル西岸地区の分離壁ベルリンの壁等)  

日本語の「壁」は狭義には建造物を構成する外壁や内部を間仕切る内壁のみを指すが、広義には屋外で領域を区切るための「」と同義で使われることも多い。塀とほぼ同じ意味の「」は近年では「石垣」や「生け垣」など、もっぱら限定された意味で用いられる。区画を仕切る物としては、他に「」があるが、これは木製(近年は金属製なども)の柱を複数本立て、(ぬき)を通して往来を遮断する物をいう。ただし、最近は有刺鉄線を使った物などものなども柵というが、基本的にはお互いがすき間から確認できるような物に対して使われ、表面が塗り固められている物には「壁」や「塀」を用いるのが一般的である。古語では家屋の内外壁を「かへ(処重)」、屋外を仕切る物は一般に「き(柵、垣、城)」と呼ばれたようであり、塀(ヘイ)や柵(サク)の語は大陸伝来の漢語である。
;機能
壁には建物を支える構造体となっているものと、そうでないものがある。前者は「耐力壁(bearing wall ベアリングウォール)」、後者は「帳壁」「非耐力壁」(curtain wall カーテンウォール)と呼ばれる。
欧米の建築では、伝統的に、外壁が石壁・レンガ壁などでできていて、壁が建築物の基本の構造体となっており、壁が屋根を支えている。つまり、西欧の伝統的な建築物の壁は「耐力壁(bearing wall ベアリングウォール)」である。しかし、鉄骨造建築の出現以降は、欧米においても非耐力壁構造も増えており、特に高層建築に多く用いられている。
日本の木造住宅では、柱や梁が建物の基本構造体になっており、壁というのは柱の間にはめこまれているだけで、屋根を支えているわけではない〔。日本建築では、非耐力壁が多く使われてきたわけである。
洋風の住宅などで、柱を内装・外装で包み、柱を見せない様式を「大壁造」と言う〔。
木造の家で、柱と柱の間に壁をはめこんで柱が外部から見える様式を「真壁造」と言う〔。
外壁の機能・役目には、室内を外界から守る、ということがあり、断熱性・遮音性・水密性・気密性・防火性・耐衝撃性・耐候性などが求められる〔。内壁のほうの機能・役割としては、遮音性・防水性・防汚性に加えて、視覚的に美しいこと、触れた感触も良いことなど、感覚的な性質も大切である〔。
さまざまな機能を持った壁があり、
遮音性を特に高めた「防音壁」、音の反響を防ぐ「吸音壁」、火事の際に延焼を防ぐ「防火壁」、放射線が漏れるのを防ぐ「放射線遮蔽壁」、「収納する」機能と「部屋を仕切る」機能が融合した「収納壁」 等々等々がある。
その他にも様々な役割を持つ壁がある。たとえば岸壁は船舶が接岸する場所を確保するために、垂直の壁で陸地の土砂を支えるのが目的である。また擁壁は切り通しや盛り土の法面の崩落を防ぐために設けられるものである。

抄文引用元・出典: フリー百科事典『 ウィキペディア(Wikipedia)
ウィキペディアで「壁」の詳細全文を読む

壁 : 部分一致検索
壁 [ かべ ]

===========================
「 壁 」を含む部分一致用語の検索リンク( 285 件 )
(胸壁)穿孔性膿胸
たる形孔隔壁
ぬれ壁塔
エナメル質壁
エネルギー障壁
スギ型壁孔
センターライン法(左室壁運動分析法)
トウヒ型壁孔
バカの壁
ヒノキ型壁孔
ベスチャード壁孔
ポテンシャル障壁
マツ型壁孔
リゾチーム(細菌細胞壁加水分解酵素)
一次壁
一次壁孔域
一次細胞壁
一次隔壁
一重壁
三壁性骨縁下欠損
三次壁
上腹壁ヘルニア
下壁
下腹壁動脈
下腹壁動脈:血管内赤血球凝集
不定隔壁
中空壁
二壁性骨縁下欠損
二次壁
二次細胞壁
二重壁
交互壁孔
人工血管被覆大動脈壁右房短絡術、キャブロールトリック
体壁
体壁中胚葉
体壁層
体壁板
体壁柄
体壁葉
体腔壁
側壁
側壁(心筋)梗塞
側壁(心筋)梗塞、外側梗塞
偽隔壁
内側壁滑膜部
内壁
円周方向壁応力
分岐壁孔
分布障壁
分節状毛細血管壁異常
分野壁孔
切歯管側壁
前壁(心筋)梗塞
前壁中隔(心筋)梗塞
動脈壁弾力計、眼底血圧計
北壁
半有縁壁孔対
単壁孔
単壁孔対
即製隔壁
厚壁嚢
厚壁柔細胞
厚壁柔組織
厚壁異形細胞
厚壁細胞
厚壁組織
厚壁繊維
厚壁胞子
原始型壁子嚢
合壁
土壁
城壁
塁壁
塗り壁
塗壁
墻壁

壁がん
壁に寄り掛かる
壁に掛かる
壁の花
壁を貫く
壁一重
壁伸展性
壁側中胚葉
壁側胸膜
壁側腹膜
壁内外圧差
壁内妊娠
壁内神経叢
壁内筋腫
壁内血栓
壁厚
壁厚減少
壁唇
壁土
壁圧
壁在
壁在(性)
壁在(性)血栓(心臓の)
壁在、壁側、頭頂(部)
壁在性
壁在性血栓
壁在血栓
壁塗り
壁外
壁孔
壁孔室
壁孔対
壁孔縁
壁孔腔
壁孔膜
壁孔連絡
壁孔道
壁張カ
壁役
壁応カ
壁掛け
壁新聞
壁板
壁泉
壁状
壁用セッコウ
壁画
壁着性象牙粒
壁糸
壁紙
壁細胞
壁細胞、傍細胞
壁蝨
壁褶
壁訴訟
壁軟化
壁運動
壁運動亢進、ハイパーカイネジア(シス)
壁運動低下、ハイポカイネジア(ミス)
壁運動消失、アカイネジア(シス)
壁面
壁面効果
外側壁滑膜部
奇異性壁運動
奇異性壁運動、ディスカイネジア(シス)
子嚢果壁菌糸
子宮壁
完壁
対列壁孔
局所壁運動
岩壁
岸壁
左室壁
左室壁運動
広汎前壁(心筋)梗塞
広汎前壁心筋梗塞
広汎前壁梗塞
形成性胃壁炎
後壁(心筋)梗塞
心(臓)壁動脈瘤
心室壁厚減少
心室壁応カ
心室壁運動
心室壁運動異常
心臓壁
心臓壁動脈瘤
接線壁
擁壁
放射壁
断崖絶壁
星状厚壁異形細胞
有縁壁孔
有縁壁孔対
末端壁
東壁
板壁
核壁濃染
横断壁
横隔壁状胞子
止水壁
歯槽壁
歯頸側壁
殼壁
毛状厚壁異形細胞
水平壁
氷壁
海綿静脈洞外壁症候群
火口壁
炉壁
無隔壁
牆壁
生壁
白壁
盲壁
盲壁孔
短形厚壁異形細胞
石壁
磁壁
窓状壁孔
窩壁
筋性防御(防衛)、筋性デファンス(腹壁緊張)
粉壁
粗壁
粘膜褶壁
糸状厚壁異形細胞
細胞壁
細胞壁合成阻害作用
経壁刺激
経壁電位
絶壁
繊維厚壁異形細胞
肋骨胸膜、胸壁胸膜、壁側胸膜
肋骨腹壁反射
肥厚、壁厚増大
胃壁
胃皺壁(しゅうへき)、胃(粘膜)ひだ
胃粘膜防壁
胃腹壁固定(術)
胚壁
胞子壁
胸壁
胸壁反応
胸壁病巣切除
胸壁瘻
胸壁胸膜
胸部(壁)誘導
腟腹壁固定
腸壁
腸壁ヘルニア
腸壁嚢状気腫症
腸壁無神経節症
腹壁
腹壁ヘルニア
腹壁反射
腹壁破裂
腹壁膿瘍
腹壁間ヘルニア
腹壁間鼡径ヘルニア
膜壁
自由壁破裂
花粉壁
荒壁
言葉の壁
象牙質壁
貫壁性
貫壁性(心筋)梗塞(症)
貿易障壁
軸側壁
軸壁
輪状ひだ(輪状皺壁)
近所合壁
造壁型
道管放射組織間壁孔
道管相互壁孔
遮断壁
金城鉄壁
鉄壁
長形厚壁異形細胞
閉そく壁孔対
間ふく隔壁
間輻隔壁
関税障壁
関門、障壁
防壁
防火壁
防護壁
階段状壁孔
隔壁
隔壁、隔膜、中隔
隔壁仮道管
隔壁保定器
隔壁孔
隔壁柔細胞
隔壁法
隔壁繊維
障壁
障壁作物
障壁法
障壁画
非貫壁性心筋梗塞
面壁
馬鹿の壁
骨壁
骨性隔壁
骨状厚壁異形細胞
髄下壁
髄側壁
鰓間隔壁



スポンサード リンク
翻訳と辞書 : 翻訳のためのインターネットリソース

Copyright(C) kotoba.ne.jp 1997-2016. All Rights Reserved.