翻訳と辞書
Words near each other
・ ササノハガイ
・ ササバギンラン
・ ササヒラー
・ ササフラ
・ ササフラス
・ ササフラス (ブランド)
・ ササブチヒロシ
・ ササミ
・ ササメ
・ ササメキ
ササメケ
・ ササモト
・ ササヤマミュロス・カワイイ
・ ササヤマミロス
・ ササヤマミロス・カワイイ
・ ササヤマミロス属
・ ササユリ
・ ササユリ (本巣市)
・ ササラダニ
・ ササラダニ亜目


Dictionary Lists
翻訳と辞書 辞書検索 [ 開発暫定版 ]
スポンサード リンク

ササメケ : ミニ英和和英辞書
ササメケ
=====================================
〔語彙分解〕的な部分一致の検索結果は以下の通りです。


ササメケ : ウィキペディア日本語版
ササメケ

ササメケ』とは、ゴツボ×リュウジによる日本サッカー漫画である。『少年エース』(角川書店)2001年2月号から2004年1月号にかけて連載された。全5巻。本項では続編の『ササナキ』についても併載する。
== 概要 ==
滋賀県の県立高校を舞台に、半ば強引にサッカー部員にされてしまった主人公と個性的な登場人物達の日常と彼らの巻き起こす騒動を描いた脱力系漫画〔。角川書店の作品紹介文でも「脱力系サッカー風味青春グラフィティ」となっているが、作者のゴツボは「自分達は青春群像劇のつもりで描いており、サッカーは読者にわかりやすいものということで取り入れたに過ぎない」と語っている。また、理不尽かつ無軌道なストーリー展開と〔、マニア心をくすぐる様な台詞や会話が頻繁に登場することが特徴だが〔、このことについては「狙っているのではなく、その場のノリで適当にやっている」と語っている〔。なお、当初は三か月で連載を終了する予定だったが好評を得たことから続行が決定したという。
このほか、登場人物の名前に滋賀県の地名が使われていたり〔、滋賀県の風物詩やスポット(びわ湖タワー南郷水産センター)が色濃く織り交ぜられていたり、方言で主人公らのセリフが展開されたりと、地方色を前面に押し出した内容となっている。
単行本のオビにさまざまな漫画家が推薦文を寄せている。
* 1巻:浅田弘幸
* 2巻:羽海野チカ
* 3巻:小畑健
* 4巻:二ノ宮知子
* 5巻:田島昭宇

抄文引用元・出典: フリー百科事典『 ウィキペディア(Wikipedia)
ウィキペディアで「ササメケ」の詳細全文を読む




スポンサード リンク
翻訳と辞書 : 翻訳のためのインターネットリソース

Copyright(C) kotoba.ne.jp 1997-2016. All Rights Reserved.